works

1/8
馬木の家​

 

趣味も多く、様々な楽しみを持って日々を過ごされている御夫婦のための住まい。
​敷地西側には広い畑があり、南への視界も開けているため、最も条件の良い南西にこの住宅の要となる2階テラスと1階の縁側を計画しました。リビングとダイニングはテラスを中心に配置されており、半屋外空間を通して暮らしの中に外部環境を取り込むことが出来ます。キッチンは西側の長閑な風景を見ながら台所仕事が出来るプランとして、東側には朝日の入る開口を取りました。1階には壁一面を鏡張りとしたダンスや楽器の練習室、篭ることのできる書斎、縁側と繋がる和室があり、家の中にたくさんの居場所があります。

1/10
愛媛県建築士会館

市街地の中心に近い松山市二番町に位置するオフィスビルの建替え計画。長井信彦氏との協同設計。

1/6
今在家の家

松山市郊外に建つ木造平屋建て住宅。
ご主人は土木設計の技術者として一年の内半分近くを海外で生活されており、帰国した際に落ち着いて過ごすことの出来る終の住処を望まれました。東西に長く伸びる平面形状ですが、玄関を中央に設けた機能的なプランとしています。

1/4
千舟町のカフェ​

松山市千舟町通りに面するテナントにおけるカフェの計画。
白をベースとしたインテリアに北欧デザインのアルヴァ・アアルトの家具やイッタラの食器を取り入れ、時が経っても変わらない価値を持つ空間とすることを目指し設計しました。


 

1/1
正円寺の家(改修)

築17年の木造住宅のリフォーム。
壁と低い天井に囲われた最も居心地の良い場所にソファベッドを配置し、住まいの重心をつくりました。開口部にはプリーツスクリーンを新たに設け、やわらかな光を取り込み穏やかな空間となるよう配慮しています。床には無垢の欧州パイン、天井には桐の縁甲板を張り、時間とともに味わいを深める材料を使用することを心掛けました。庭には多くの樹木があり、四季の移り変わりも楽しむことが出来ます。

1/4
東野の家(改修)

松山市内の見晴らしのよい敷地に立つ木造平屋建て住宅のリフォーム。
住まい手は中古住宅としてこの物件を入手されましたが、以前の所有者によって手を加えられた内部空間は細かく壁で仕切られ、非常に住みにくい状態でした。
今回の改修にあたって将来的に家族が増えることも想定しリビングダイニングはゆったりとり、磨き丸太の柱によって緩やかに空間を仕切るプランとしました

日当たりのよい和室や眺望をいかした縁側など、居心地のよい場所をいくつも計画しています。
 

1/2
八反地の家

「重心の低い家を。」との要望から始まった計画。2階部分の面積を出来るだけ小さくし、切妻屋根を重ねた家らしい外観としました。小学校や民家に囲まれた周辺環境の中、100坪という恵まれた広さを持つ敷地に建つ住宅。

1/3
A水産会社 加工場兼展示棟

海と緑に囲まれた佐田岬の地でシラスを中心とした水産物の水揚げから商品化、販売までを一貫して行う企業の新たなプロジェクト。
高い鮮度を保つため作業工程の機械化を推し進める一方で、クライアントは地域の漁業の歴史を次の世代に引き継ぐことにも力を注いでいます。この建物では機械を使った現代的なちりめんの製造と天日を使った伝統的な製造方法の見学・体験が可能であり、復元した和船など佐田岬の漁業の歴史に纏わる品々を展示することにより地域のコミュニティの場となることにも期待しています。

© 2016 wada architectural design office

  • facebook