about

愛媛県内を中心に活動する建築設計事務所です。
木造住宅、店舗、事務所などの設計・監理を手がけています。
時の流れに左右されない、スタンダードな建築を作りたいと考えています。

 

一級建築士事務所 株式会社和田設計

愛媛県松山市西石井6-13-30 
tel.089-958-4511
fax.089-958-4512
e-mail BYQ10414@nifty.com
和田 崇 (一級建築士)

和田 崇    (一級建築士)

愛媛県松山市出身
1976年生まれ
1999年より建築設計に携わる

2016年~2018年愛媛県立高等技術専門校非常勤講師

建築士事務所賠償責任保険加入


□主な業務
・建築、インテリアの設計・監理
・中古物件のリフォーム及びリノベーション
(中古物件購入時のアドバイスもいたします)
・施工会社の選定、工事費の査定
・家具のご提案

□所属団体 

・愛媛県建築士会(松山支部理事)

・愛媛県建築士事務所協会(中予支部理事)

 

■いつまでも愛着を持てるデザインを

奇をてらったところのない普遍的なデザインを好ましく思います。(カイ・フランクや三谷龍二さんの器のような!)

特に住宅の場合は、歳を重ねていくことで味わいを深め、魅力が増す建物にしたいと考えています。そのためには、しっかりした平面・立面・断面の計画、用いる材料についても十分な検討が必要です。

■心地良さ

心地良さを感じる場所は人それぞれ。その時の気分によっても変わって来ます。明るいところと少し暗いところ、天井の高い開放的なところと一人で篭ることの出来る場所。家の中に様々な居場所がある、というのが理想だと思います。安心感を与える壁と開口部の関係についてもよく考えることが必要です。室内だけでなく、屋根の掛かったテラスなど、半屋外空間の心地良さも積極的に取り入れたいと考えています。

■軒を出す

高温多湿で雨の多い日本の気候に合わせて、出来るだけ軒の出を取る建物とします。軒が出る事で、雨の日も窓を開けることが出来、外壁の劣化から建物を守る役割もあります。夏の厳しい日差しを遮り、冬の暖かな光を取り込みます。

■家具について

毎日手に触れるダイニングテーブルやダイニングチェアは、出来れば少し良いものを使うことをお勧めします。家具は一度買うと一生の間暮らしを共にします。座り心地だけでなく、見た目にも美しいウェグナーやアアルトの北欧家具。少々値は張りますが大切に使うことで子の代、孫の代まで受け継ぐことが可能です。

■暖かく照らす

家族が集まる食卓のペンダント照明は暖かみのあるものを選びたいと思います。ルイスポールセン社のトルボーやAJロイヤルのような存在感が強すぎず、明かりを灯していないときも美しい照明が好みです。
■コストについて

デンマークの家具デザイナー、ボーエ・モーエンセンの「シンプルかつ実用的な家具をリーズナブルな価格で提供する」という理念に共感し、シンプルで実用的な住まいを出来るだけリーズナブルに提供したい、という思いで建物を設計しています。

© 2016 wada architectural design office

  • facebook